· 

いつまでだって本当は変われるのよ、の巻

ビールとハマグリとサザエとシラス

 

1日5食以上やるの巻。

 

人事繁忙期につき忙しい毎日でしたが、GWは2日だけ死守して、家族サービスに。

 

「やめろよー」「あっはっは、まてー♡」の波打ち際の予定が、

はい、もちろん全身で海に入るボーイズ。シャワーとかないっつーの!

 

昔だったら、ゲキオコだったかもしれないけど、「なんとかなるなーる」の精神が

芽生えたことに「はっ」とした気づきがあった。

 

ボーっと海を見ながら振り返る中で、

社長業になってから、「長所が短所にもなり、短所が長所になる」

リアル体験をさせてもらっていてありがたいなーと思う日々。

 

組織にいたころは、正論に頑固すぎた部分が長所だったけど、

多種多様の本当のダイバーシティを考えるようになって、それは短所になることもわかったし、

 

短所でもあった、「人のことやりすぎて自分のこと後回しで苦しくなる」というところが、

「助けてください」を言えるようになって、今は長所にすら感じる。

 

多角的に物事を見れる視野が広がったし、何より柔軟になったなあと思う。

独立しなければこんな多種多様な人々と、価値観を共有することも、仕事をすることもなかったと思う。

 

ここ2年くらいテーマだった。

「歳とともに人は変われなくなる」

 

んなこたない!を自分も含めて、すごく近くの人も、たくさん今見れている。

最近遭遇した、感謝で流れ出た、とある社長の涙は非常に美しかった。

 

 

彼は、「初めは怖かったけど、今の状況に感謝しかなくて、自分ももっと良くしていくために変われるところ変わりたい」と言っていた。

 

人が気づきを得た時の顔は本当に優しい顔になる。

 

そんな一瞬の顔が見れる瞬間があるから、人に寄り添うことが辞められない。

 

変わるとか変わらないは本人が決めることなんだけど、

「もう私は、僕は、変われないかも」って思ってる人は、

 

もしかしたら自分で自分のコップをかぶせて、飛べないノミになってしまうのかもしれないな。

 

人財の可能性はやっぱり無限大だ。

 

そんなことをやっぱり伝道者として、誰かと誰かを、Long Trust Chain 長い信頼の鎖でつないでいきたい。