· 

二兎を追うものは一兎をも得ず

雨の日の次の日は、晴れ過ぎるほど晴れる。

 

さて、40歳前日。色々と心臓がバクバクします笑

明日までに決めることが多いので。

 

大きな幹を決めきって覚悟をしたら、

決めてから3日の間に、本当に怖いほど不思議なことばかり起きる。

 

タイミングって神様が決めてるんだろうな、と思わざるを得ない。

 

一気にいろんな新しいご縁をいただいたり、

ずっと答え合わせしたかったことの真実が見えて、

落胆と共に、すがすがしくスカっとしたり、

今日なんて、まさかの1年前の今日と同じことが起こったことで、決めれたこともあって、

 

 「40にして惑わず」を確立させてくれるために、

神様がいいことも悪いことも、全部見せてくれてるんだなと確信した3日間。

 

「ヒト」と「生き方」に関しては、潰しても潰しても出てくる、もぐらタタキみたいな誠実じゃないトラブルは、もう不変の課題とみなし、手放そうと決めて根っこから断とうと決めた。

 

「仕事」は社会がよくなることならば、二兎も三兎でも追うことに決めた。

 

「二兎を追うものは一兎をも得ず」とは「欲を出しすぎては何も得られない」ことの例えだけども、たくさんの人が幸せになることならばそれは絶対にやるべきだと思う。

 

「ヒト」や「生き方」の獲得は二兎では得られない。一兎を誠実に追える人と、一緒にやっていきたいと決断。

 

そんなにガンコで筋通ってると、「生きずらいでしょう」と言われまくる最近ですが笑

決めたらしっかり断つものは断ち、継続するものは腹を据える。

 

嘘と悪口と二面性はダサイもんはダサイし、信用ならぬものは信用ならぬ。

 

熱狂する人生は、自分で失っちゃいけないものと、守りたいものを決めることからだ。