年頭所感ー誰と何をどうやるかー

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

 

クライアント様の写真スタジオで、下の子の七五三を撮影してもらいながら、年初の総まとめを考える時間。

※親バカですが、めちゃかわいいでしょう笑

 

「熱狂する人財があふれる未来をアタリマエにする」

エルティーシー社の理念は絶対ブレないわけないんですが、

 

起業してから3か月、一人で走りながら考える毎日でした。

 

誰と?どんな思いを持った人とやる?

何を?熱狂を形にするのはどこ?

どうやって?どんなサービス・プロダクトでやる?

 

少しづつ前に進みながらも、年末年始に色々な方の話を聞きながら、ストンとそもそも自分の中に落ちたことがあった。

 

「私はだれのために働いてるんだろう?」

 

 

誰か特定の人のためではなく、社会の悪しき常識を変え、生き方・働き方の改革をし、目の前の一人一人を幸せにするため。

 

ちょっとここがブレていたんじゃないかな、と自分ですごく反省した。

立ち上げ期は、評価や人に向かってしまったな、という強烈な恥ずかしさを覚えた。

 

悪しきしがらみはしっかり断ち切り、有言実行でアウトプットしている人だけを信頼し、自分が選択したことに、自信を持ってチャレンジできる自分であり続けよう、と。

 

自分の目標は自分で決め、自分との約束として守っていくべきで、「生き方」は誰にも左右されることではない。

その上で、誰とどうやるか、も自分で心眼を持ちしっかりと決めていく。

「四十にして惑わず」は、こういうことの気づきの連続なんだろうな、と、

惑わない自分を確立する1年にすることを誓って。