· 

信頼関係

会社名にしてるくらい、私は「信頼」とか「誠実」といった言葉が大好きなわけで。

 

最近、自分の周りの事象から、信頼関係構築は共にする年月もある程度重要だと思っていたんだけど、どうも違うと思ってきた。

 

以前に投稿してたこちらと本質同じようなこと。

「オオカミ少年は生き残れたか」

 

本当は「共感」の次にもう一つ「行動変容」があって、ここが一番重要なんだと考える。その質と数が信頼につながるんだろうな。

 

「理解しても共感はできない」ことはたくさんあって、共感することはとても大事な一歩なんだけど、「共感」したあとに「行動変容」ができるかどうかが、結局「共感」のゴールなのかな、と。

 

「想い」があっても、行動変容しなければ、相手やチームと積み重ねる「共同の成功体験」にならない。雨はたくさん降って、むしろ嵐のような雨がたくさん降って、それで地を固めるための「変容の質」が大事なんだろうな。と、心底最近感じます。

 

想いが強くアウトプットされるようになって「あの人変わってきた?」って思っていても、周囲から「残念な事実」が入ってきたりすると、ガツンとハンマーで打ちのめされるけど、「変わろうとしてるんだな、まだ苦しいんだな」とそこに「共感」してひたすらファクトでの行動変容を「待つ」ってことが受け身側の行動変容なのだな、と。

もちろん、その期間は自分で判断しないとなりませんが。

 

私は、苦しくてもすぐに行動で変容できる、かっこいいファーストペンギンでありたいな、と思います。

結果だけじゃなくて、プロセスもしっかり大事にできる人間でいたいな、と思う今日この頃。